臨床催眠(催眠療法)

「催眠現象」は、いまだに誤解や偏見が多いように思われますが、不思議な怪しげなものではなく、誰にも起こりうる現象です。この「催眠現象」 を心理援助で積極的に利用するのが臨床催眠(催眠療法)です。

 

実際に「催眠」を適切に利用すると、こころのもつれを解いたり、行動の型・パターンを修正したり、症状を改善することが可能です。

臨床催眠には、100年以上の知見の蓄積のある催眠療法の手法もあれば、近年開発された自我状態療法、ホログラフィートークなどの技法もあり、心葉ではこれらを適宜組み合わせて使用することで、より高い効果を出すことを心がけています。
 

自我状態療法:催眠療法の一つで、心の葛藤や課題などを、顕在化(人格化)させ、軽催眠状態で解決まで対話を行っていく技法です。ご希望にもよりますが、インナーチャイルドセラピーを受けたいという方のニーズにも対応出来るように思います。

 

ホログラフィートーク:催眠療法の一つで、「心の課題が人生のどの時点で発生し、当時何を解消・解決したかったのか」、その源泉に優しく触れていくことで、本当の癒しに至ります。日本で開発された画期的な技法であり、今なお進化し続けている技法です。

 

しばしば「催眠術をかけるんですか?」「記憶が無くなるんですか?」などの質問を受けますが、テレビで見られるようなショー催眠とは違い、相談者様と共同作業として催眠状態を作り上げていきます。記憶が無くなることはありませんし、ゴールをはっきりさせて進める科学的な手法と言えます。

 

ピプノセラピーなど様々な呼び方もあり、中には前世療法のようにスピリチュアルなイメージが付いているものもありますが、あくまでも相談者様の自己治癒力を活性化させることが目的です。

 

催眠状態に深く入ることが出来れば効果も大きくなりますが、早くその状態に至る方もいれば、回数を重ねてその状態に至る方もいます。

 

仮に催眠状態に入ることに不安を感じていたら、それがそのままセッションに反映されますので、催眠状態には入れません(ご本人が催眠状態に入りたがっていても、です)。まずは、不安な気持ちを整理し、準備を整えていきます。

 

逆に、改善したい強い気持ちがあって、カウンセラーへの信頼も高まっていれば、スムーズに催眠状態に入っていくことができます。そういう意味で、他の心理療法以上に、相談者様とカウンセラーの協力関係が重要な心理療法とも言えます。