臨床家のスキルアップ①

ここのところ、また新しいことを学んだり、深める機会が多くなり、少しずつ臨床のレベルが上がっている気がします。

 

先日、大阪で新しい心理療法のトレーニングに参加してきました。

 

ボディ・コネクト・セラピーと言って、東京未来大学の藤本昌樹先生が開発し、また現在も発展し続けている心理療法があります。

 

略して、BCTなので、CBT(認知行動療法)か?と思われる方もいるかもしれませんが、全くの別物です(笑)。

 

当オフィスでも実施しているEMDR(眼球運動による脱感作と再処理法)やBrainspotting(BSP)、Somatic Experiencing(SE)、TFT(思考場療法)といった心理療法から重要なエッセンスを抽出し、新しい知見を盛り込み、オリジナルに体系化されたものです。

 

詳しくは、また「心理療法の紹介」のページにBCTも掲載していきますので、そちらを参考にしていただければと思いますが、トレーニングを通して体験したのは、その安全性と変化のスピードの速さ。

 

もちろん大きなトラウマであれば、他のトラウマケア技法同様にゆっくりとトラウマを削っていくように時間をかけていく必要がありますが、心に刺さった棘が自然と抜けていく不思議さがあって、使い勝手もとても良いかなと感じました。

 

今後、臨床にも取り入れていきますので、興味のある方はおっしゃってくださいね。

適用があれば、どんどんトライしていきます!

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    あずき (金曜日, 04 10月 2019 22:34)

    心葉…ますますパワーアップで、頼もしいですね。
    何でもそうですが、研き続けていける事が、スゴいと思ってしまいます。私もいつか、周りをホッとさせられる様な人になりたいな…。
    思い付いた事から、やれる事から、まだ少しずつですが動き始めました。
    こんな気持ちになれたのは、
    心葉のお陰です。

  • #2

    馬の尻尾 (月曜日, 14 10月 2019 15:08)

    発展し続ける心理療法…とても興味があります。

    これまで、いろいろなカウンセリングを受けてきました。無料のものから有料のものまで。清水の舞台からくらいのつもりで受けたものもありました。

    でも、なかなか「変化」という実感が得られたものがなくて、もうやめようか、と思いながらも、よいカウンセリングの場を探すのが日課になっている日々。
    その中で、このブログを見ました。

    安全性と変化のスピードの速さ、心に刺さった棘が自然に抜けていく不思議さ…今までのカウンセリング経験から考えると、本当か…?と正直信じがたいところがあります。

    本当にそんな感覚が得られるのであれば、受けてみたいです。
    この、変化のない状態から早く抜け出せるのであれば。