何でまた繰り返してしまうんだろう?

「早く良くなりたい」

 

「少しでも改善したい・・」

 

「この状況を脱したい・・・」

 

心からそう思っているのに、何でまたこの問題を繰り返してしまうのだろう。

どうせ駄目なのだから、もういいや・・。

 

そういう時、傾聴スタイルでその気持ちに寄り添うだけでは、解決しません。

カウンセリングで話を聴いてもらうと、その時は楽になります。

 

でも、しばらくしたら・・・。

 

当オフィスに来室される方の中には、色々な相談機関に行ってみたけど解決できなくて、

本当に困って来られる方々も多くいらっしゃいます。

 

アドバイスを沢山もらって、本もいっぱい読んで、頭では、どうすれば改善するのか

分かっているけど、何故か悪い方向に引っ張られてしまう・・。

 

その状態、もしかしたらそこには、『心理的逆転』が潜んでいるかも知れません。

 

人は、自尊心を損なうような経験をすると、「自分という存在は駄目なのかもしれない」と

感じるようになります。

 

これは無意識レベルの反応(言い換えると、脳幹・内臓・筋肉・自律神経系・免疫系など

動物の本能レベルの反応)ですので、意識的には気がついていないこともあります。

あるいは、薄々気がついているけど、それを自覚したくない、みたいな時もあります。

 

この辛さの程度はそれぞれですが、重要なのは、その辛さを誰かに分かってもらって

きたかどうか。

 

無意識を押さえ込んで、苦しくても気丈に振る舞って。

 

そして、それが振る舞いだと気づいてもらえなくて、段々と自分でもそれが振る舞いではなく、

それが本当の自分だと思ってしまって・・。

 

そうして分かってもらえなくて、1人で抱えていると、「自分は駄目」ということが

普通の状態になってしまい、「前向き」「自信」「肯定感」などをありありとは

感じられなくなってしまいます。

 

頭では、そういうポジティブな概念があることは理解していても、実感しにくい感じになります。

 

こういう刷り込まれた信念のような心理的構えのことを、『心理的逆転』と呼びます。

 

誰でも多かれ少なかれ、これは持っているものですが、それが沢山あったり、大きな影響を

持っていると、カウンセリングの進展にもかなり関わってきます。

 

大切な時間とお金を使って来ていただいて、良い方向に向いたはずなのに、ぶり返しの

ようなことが起きやすく、そうなると相談に来られる方も凹んでしまいます。

 

ですので、当オフィスのカウンセリングでは、必要に応じ、『心理的逆転』が生じて

いないかチェックをし、それがあれば修正するという段階を経て、問題の解決に向かう

ようにしています。

 

この修正が技術的に出来るようになって、改善のスピードは更に上がったように思いますし、

今のところ、こういったアプローチを取り入れている相談機関は少ないようなので、

心葉の独自性の一つなのかな、と思います。

 

無意識に働きかけますので、言葉ではなく、身体感覚にアプローチしていきます。

具体的には、キネシオロジーというテクニックを応用します。

言葉で語るよりも、早く、的確に、的に当たることもあります。

 

心理療法には色々な手法があります。

もっともっと学んで、あらゆるニーズに応えられるようにしていきたいですね。

 

コメントをお書きください

コメント: 7
  • #1

    やました (月曜日, 27 1月 2020 20:13)

    ブログに起こして頂きありがとうございました。
    ハッとしました。『心理的逆転』…。

    僕にはこの『心理的逆転』がかなり大きく働いている気がしました。
    ずっとぶり返してしまっています。
    正直なところ、今の僕はこの『心理的逆転』と言って差し支えないと感じるのですが、いつも同じ事を相談してしまっているのではないかと、相談申し込みの電話をする時に迷っています。

    色々な本を読んで、相談機関やセミナーなども行きました。
    それでも…

    「明るく前向きに、ポジティブシンキングでいきましょう」

    みたいな内容だったりすると白けちゃって早く帰りたくなります。
    明るくしようって思っても、光を当てれば当てるほど、その後ろに真っ黒な影が大きく拡がってゆく感じがして…。

    『自分は駄目』って発想からやって来る振る舞いは、周囲にも『この人は駄目な人』という印象を与えるんじゃないかと感じています。
    周囲も『この駄目な人と居ても良いことがあるハズがない』と離れてゆきます。
    『地雷の人』の誕生です。
    その後は、人が離れてゆくのだから…ほら、やっぱり『自分は駄目』じゃんと循環してゆきます。
    先生のブログの一文を引用させて頂くと、こんな状態だと「他人と会う時は気丈に振る舞わなくてはいけない」なんて考えたりして、人と会うのが億劫になって来ています。

    そのほか、本当は遂行可能なミッションでも手綱を引いてる意識側が駄目な自分の証明を始めるんじゃないかって思う部分があって、こういう場合には大概は新しいことに萎縮して、チャレンジしたとしても取るに足らない様な失敗を態とらしく表明して次に繋がらない様にしたりと…僕には「前向き」「自信」「肯定感」これらは無縁な気さえしています。

    「自分は駄目」って感情がどんどん心の外側を纏い、段々と硬い蛹みたいになってゆく様な感じがしていて…それでもまだ柔らかい部分が訴えは「良くなりたい」「改善したい」「脱したい」なんです。

    だらだらと書いてしまいました。
    こんな僕でも、改善の余地があるんでしょうか?

  • #2

    タネ (土曜日, 08 2月 2020 23:44)

    このブログを読む少し前に、逆転のチェックをしてもらいました。

    その後の生活は、意識としてはこれまでと何かが劇的に変わったわけではないのですが、うまく書けないのですが、とにかく「何か」が違う気がしています。
    前より、なんか軽い、というか…
    次のことに取り組む億劫さが減ったというか…
    この前は、とくに何があったわけでもないですが、家族に何かいい顔してるね、と言われました。

    何より、私の中で大きかったのは、逆転といものがあることを知ったことです。

    これまで、どうしても繰り返してしまうのは自分がダメだからだと思っていました。
    でも、逆転があったんだと思うだけで、自分だけのせいではないと思えたり、重苦しい時には、もしかしたら逆転に飲み込まれてるのかもしれない、と時々一旦立ち止まれたりもします。

    それだで、少し楽です。

    最初は家族に言われて正直しぶしぶ(すいません…)心葉に行きました。今から思えばそれも逆転だったのかな…。
    でもその時に完全に逆転に飲み込まれず、行くことができて良かったです(笑)

    またよろしくお願いします。

  • #3

    心葉 (月曜日, 02 3月 2020 16:24)

    皆さん、コメントありがとうございました!

    そして、返信遅くなってしまいました。
    大変、大変申し訳ありません。

    研修や確定申告の準備など重なってしまい、余裕がありませんでした。
    (確定申告はコロナウィルスの影響で、締め切りが1ヶ月延び、少し余裕は
    できましたが・・。ウィルスも早く収束してほしいですね・・・。)

    「心理的逆転のチェック」の影響はとても大きくて、自分でも気づいていない、
    気持ちの固まりや滞りがチェック出来ますので、カウンセリングの進み方も加速します。

    >やましたさん
    コメントありがとうございます。

    「改善の余地があるんでしょうか?」
    →もちろん、改善します。ここを何とかするためにカウンセラーという仕事があると
    思っていますし、またそれが出来る手法が、適切な形で世の中にもっともっと広がって
    いくと良いと感じています。

    その先にあるのは、ポジティブシンキングというのとは、また少し違う質の自分に対しての肯定感。

    穏やかに自分を受け入れてあげるような、自分の歩みを愛でてあげるような、無条件に
    誰かから応援してもらっているような、そういう心持ちや感覚です。

    いつか体感してもらえる事を、心より願っております。
    柔らかな部分が訴えていること、大切にしていきますね。

    >タネさん
    心理的逆転があるということを知るだけでも大切で、考えがドツボにはまっている
    時に「あ、今自分逆転してる?」とふと立ち止まることも出来るようになります。

    逆転が修正されると、周りに発する雰囲気も変ることがあり、コメントいただいたように
    家族などの身近な人から指摘されることも多くなります。

    いずれにせよ、とても嬉しいですよね。

    また引き続き、必要なことをしていきますね。


    その他、ブログの感想を直接言っていただいた方々もありがとうございます!

    またぼちぼち更新していきますので、お楽しみに!

  • #4

    aiko (火曜日, 18 8月 2020 06:41)

    貴重なお話ありがとうございます。
    正に今その逆転が起きているらしく
    やっと自覚できてここに辿り着きました。
    この記事は日々悩める人がカウンセリングにかかれる橋渡しのような気がしています。
    手を差し伸べてくれているようで安心感がありますね。
    少し考えてから申し込むか考えてみます。
    ありがとうございました。

  • #5

    心葉 (土曜日, 22 8月 2020 15:52)

    >aikoさん

    コメントありがとうございます。
    心理的逆転は、心のケアに限らず、大切な選択をする時や、あと一歩で目標が達成するような時にも顔を出します。

    頭じゃ分かっているのに、それが出来ない。
    またこの繰り返し…。

    といった、苦しい感情の底に心理的逆転があったりします。

    心理的逆転のような現象は、特別なものでもなく、割合身近に起きていて、大切にされるべき時に、誰かが大切にしてくれたり、助けてくれたりすると、ちゃんと解消されていきます。

    過去のケアが必要な人もいれば、今を優しく受け止めてもらう必要がある人もいれば、未来の道を照らしていく必要がある人もいると思います。

    心理的逆転のエッセンスを沢山の人が知って、辛さをお互いでケア出来るような世になるといいなと考えています。

    カウンセリングのお申し込みは、必要に応じご検討くださいね。

  • #6

    うさぎ (金曜日, 18 9月 2020 18:38)

    はじめてコメントさせて頂きます。

    ブログを読ませて頂いて、よくなりたい、元気になりたい、と思っているはずなのに、なかなかなれない自分や、気持ちがグラグラ揺れたりしてしまう日々が続いているので、もしかしたらこの心理的逆転があるのかなぁ。。と感じます。

    通院したり相談機関などにも行っているのですが、気持ちが沈むことや不調が多く、「何も信じられない」という気持ちと、「それでもなんとかより良くなりたい」という気持ちが拮抗している感じです。
    上記の方のお言葉を借りるのであれば、「柔らかい部分はよくなりたい」と訴えているんだと思います。

    お聞きしたいのですが、
    辛い生育歴があった場合、「複雑性PTSD」というものになる、というかそのような状態があることを知りました。
    仮に複雑性PTSDであった場合、この心理的逆転も複雑になってしまうこともあったりするのでしょうか。

    教えていただけると嬉しいです。

  • #7

    心葉 (火曜日, 22 9月 2020 12:23)

    >うさぎさん

    コメントありがとうございます!

    一つ安心していただきたいのは、心理的逆転が全く生じない人というのはいなくて。
    誰しも多かれ少なかれ、心理的逆転が起きています。

    そして、心理的逆転の修正が出来れば、本来の自分の意志で行動を選択していくことが出来るようになります。

    最近、うさぎさんが書いておられるように、『複雑性PTSD』という状態があることが
    臨床的に明らかになってきました。

    詳細は、ここでは省きますが、心理的逆転とも関わりが大きいと思います。

    そしてご質問にお答えしますと、複雑性PTSDの方の場合、心理的逆転が複雑になる
    という見方も出来ますが、心理的逆転が発生しやすくなる、という方が正確かな
    と感じます。(※自分の主観です)

    ですので、ある時は何かに前向きになったとして、それが長続きしなかったり、気分が
    直ぐに落ちてしまったり、というようなことが起きえます。

    複雑性PTSDのケア=心理的逆転が起きにくくなること、と言ってもよいかもしれませんね。

    お答えになっていると良いのですが・・。

    引き続きどうぞよろしくお願いいたします!