電話やウェブカメラを利用してのカウンセリング

タイトルの通りですが、新型コロナウィルスの影響を考慮し、通常のカウンセリング以外に、電話、Skype(スカイプ)、Zoom(ズーム)のいずれかでのカウンセリングをお受けしていくことにいたしました。

(※来室してのカウンセリングは、これまでと変わりはありませんので、ご安心ください)

 

①電話カウンセリングについて

通常の対面でのカウンセリングの代わりに、電話でのカウンセリングをいたします。顔が見えない以外は、来室していただく形でのカウンセリングと変わりはありません。

 

②Skypeでのカウンセリング

PCでもスマホでも、どちらでもSkypeのアプリをインストールしていただければ、ビデオ通話が可能になります。

Skypeを検索すると下記の画面が出ますので、「Skypeをダウンロード」をクリックして、インストール作業を進めてみてください。

無料で利用できます。

③Zoom(ズーム)でのカウンセリング

②と同じですが、PCでもスマホでも、どちらでもZoomのアプリをインストールしていただければ、ビデオ通話が可能になります。

Zoomを検索すると下記の画面が出ますので、メールアドレスを入力し、「サインアップは無料です」をクリックして、インストール作業を進めてみてください。

こちらも無料で利用できます。

 

なお、Zoomの方は、こちらからメールをお送りし、そこに記載されたURLをクリックすれば、自動的にインストールされる仕組みになっているようです。ただ、当日その場でそれをやると、少し手間取るため、あらかじめインストールしておいた方が、スムーズだと思われます。

SkypeとZoomの差ですが、そもそもは、Skypeは個人間のやり取りを、Zoomは複数名が参加する会議を想定しているようですが、Skypeの方が少し通信の容量(?)が重めになるので、画質・音声が乱れがちな印象です。

 

とすると、Webでの評判もZoomの方に軍配が上がりそうなのですが、コロナウィルスの影響で家で仕事をする人が増えた分、Zoomの利用度が急激に上がっており、エラーなどに対応が追いついていないとか、そんな噂もあり、一概にどちらが良いかは判断がつきません。

 

どちらも出来るようにしておくと、間違いない、という感じでしょうかね・・。

(Webカウンセリングを検討してみようと思った方、すみません、ちょっと面倒くさくて・・・)

 

急ぎでブログを書いていますので、情報が十分に発信できていないかと思います。

 

まだ開始していない試みですので、使い勝手など把握できてきましたら、今後も随時このブログは

追記していきます。

(トップページの「インフォメーション」の所に、更新した旨は記載していきます)

 

ご希望がありましたら、電話でもメールでも良いですので、一先ずご一報くださいね。

 

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。


以下、4月11日に更新しました。

 

SkypeとZoomをそれぞれ試してみました。

 

結果として、Skypeは、時に音声が乱れやすい、画像が止まることがある、設定が上手くいかないと繋がらないことあり、でも慣れた人は使いやすい。という感じです。

 

Zoomは、アプリをインストールしていただければ、こちらから送ったメールをクリックしていただければ、繋げるところまではスムーズそうです。

 

ただし、いずれもパソコンの場合。

 

スマホの場合は、少し勝手が違うようです。

 

できれば、パソコンの方が動作環境は良いと思われます。

 

スマホでも良いのですが、多少接続に手間取ったりするかもしれません。

 

今のところの印象ですが・・。

 

一先ず、以上です。


以下、4月16日に更新しました。

 

ウェブでのカウンセリングを色々と試行錯誤しながら対応していますが、Zoomでのカウンセリングに関して、セキュリティーが弱いとの指摘が出てきております。

 

会社の会議などで複数の方がZoomに参加する際に、外部の人間が何らかの手段で会議に参加するためのパスワードを入手し、誰も知らないまま黙って参加していた、などの事象があるようです。

 

カウンセリングは二人でのやり取りですので、パスワードが外部に漏れる危険性は基本的にはありませんが、個人情報が洩れてしまっては、そもそもカウンセリングが成り立ちませんので、最大限の手を尽くして、パスワード漏れなどの事象が生じないように対応していきます(もちろん、カウンセリングの直前にパスワードはお伝えする、など現在考えうる対策は取っていますが・・)。

 

現時点では、Zoomを使用してのカウンセリングは実施しておりますので、Zoomを使用したい方はご安心ください。

 

 

なお、その他のオフィスの新型コロナウィルス対策として、私自身はマスクを必ず着用し、部屋にはハンドジェルを準備し、玄関のドアノブなど直接触れる箇所についてはアルコール消毒をしております。

 

今後も必要な対策をとっていきたいと思います。